引越し10月11月 料金見積もりを安くする方法

引越し10月11月 料金見積もりを安くする方法

引越し10月 料金見積もりを安くする方法

10、10月は引越しのオフシーズンです。
高い見積もりが出される可能性は少ないです。
見積もりを取るにも1社だけだと比較しようがないので、
一括見積もりを取ってみることをおすすめしますが
この時期は2月、3月と比較すると安いです。

 

引越し料金相場 10月 大体の目安

 

距離

料金

荷物量

神奈川の相模原→大阪府茨木 3万円 タンス、本棚と本(本はダンボールに詰める)、デスク、チェア、ベット、リビング用品、テーブル、自転車1F→1F
東京都新宿区→東京都町田市 8万円(複数社競合)→最終的に1.8万円 一人暮らし自分で梱包マンション2F
大阪→愛知 22万円 新婚二人暮らし7Fマンション→4Fマンション
静岡県→福岡市 5万円 25型テレビ、冷蔵庫、洗濯機、デスクトップPC、モニター、音楽用品、ダンボール18個、一人暮らし1K

 

一例ですが、10月、11月に実際に行われた引越しです。

 

10月はどこの引越し業者も空いています。
土日祝日は埋まっていることがありますが、空いている業者も圧倒的に多いです。

 

一括見積もりすれば、空いている業者から電話が入ります。
連絡くれた引越し会社3社くらい見積もりを取得すると良いです。
その中で比較して、料金交渉して行きましょう。

 

2月、3月と違って、安い引越しが実現できるはずです。
引越し業者は仕事が入らないとずっと待機です。
トラックをなるべく空けておきたくないと考えています。
値引き合戦があることもありますので、複数社の見積もりを取ることが大事なのです。

 

12月に引越しする場合 のページに進む