12月に引越しする場合

12月に引越しする場合

12月に引越しする場合

12月の引越しは引越し業者の空きはありますが、
日によって埋まっています。

 

12月に引越しする場合

 

年末なので、12月25日くらいまでには引越しを終わらせておきたいものです。
12月上旬の平日ならば引越し業者は空いています。

 

 

早めに一括見積もりをしてみれば空いている業者から連絡が入り、
すぐに予約することができます。
土日祝日は埋まっている可能性が高いです。
12/23祝日は引越し業者は忙しいことが多いのですが、
12/23に引越すならばその日のうちにやるしかありません。

 

 

こういう場合も一括見積もりを使うと、
通常より連絡が入る件数は少ないものの、
空いている引越し業者から連絡をもらうことができます。
ただ、3、4社ほど見積もりを取って
比較している暇がないかもしれません。
ゆっくりしていると、
最初に取得した見積もり業者の予約が
埋まってしまうことがよくあります。

 

忙しい時期の引越しは金額をゆっくり比較している時間が少ないのです。
1時間の間に3件ほど見積もりを取り、
一応交渉してみて減額した金額を比較して、
予約する業者を決めると安い引越しが実現できます。

 

料金面は通常料金です。
空いている日ならば減額交渉も応じてもらえる可能性が高いです。

 

 

年末、大晦日ならでは 引越し完了後

 

荷物の移動が終わったとしても、
新居で水道、ガス、電気、郵便届けを
しっかりやっておく必要があります。
官公庁も年末は休みになりますので、
それまでに完了しておきましょう。

 

12月の引越しいつ頃から準備?

 

12月に引越したい場合、いつ頃から準備した方が良いのでしょうか?

 

11月下旬には引越し業者に問い合わせを入れたいです。
料金を安くしたい思いはあるのですが、
それより引越し業者をキープできるかが問題です。
全部埋まってしまうと予約が取れなくなります。

 

 

市町村税・税金面の差

 

市町村税の差について。

 

神奈川県横浜市から千葉県浦安市に引越すとします。
12月に引越すと12月から浦安市民になります。
1月に引越すと1月から浦安市民ですが、
どちらが市町村税が安いのか気になるところです。

 

 

これは全国一律、市町村税は県民税4%
市民税(町民税)6%と決まっているので損得はありません。
ですが、名古屋市だけは5.4%(通常6%)なので
名古屋に引越すならば早い方が得です。

 

ですので、あまり気にしないで良さそうです。

 

1月2月の引っ越しのページに進む